海外留学をトータルサポート ヴィエックインターナショナル 荻窪徒歩4分

まずはお気軽にお電話ください 03-5347-2288 受付時間 月~金 9:30~18:00 土曜 9:30~13:00

カナダ高校留学 卒業生からのメッセージ Study abroad in Canada

粕川采莉さん 女性 公立校オカナガン地区

スクール

バーノン教育学区(公立高校)
バーノン・セカンダリー・スクール 卒業

留学についてQ&A

  • 留学前と留学後で、自分自身に何か変化はありましたか?

    留学してからは、新しいことにチャレンジするのが楽しくなったり、物事に対する考え方がポジティブになりました。また、留学前は人に遠慮してばかりでしたが、留学を通して、自分の意見をハッキリ言うようになったり、素直に思っていることを人に伝えられるようになったと思います。例えば、親への感謝を言葉と行動でストレートに表すようになったりなど。

  • 留学中、大変だったことは何ですか?

    はじめの頃の英語での学校生活は、やはり不安な日々が続きました。なかなか質問や聞き返しが出来なかったり、友達と会話が続かなかったり。また、全く知らない土地ですし、私は方向音痴なので本当は30分で着くところを2時間ほど迷ってしまったこともありました。しかし、結局は周りの方々のサポートや自分自身の慣れで、全くこの楽しい留学生活に支障はなく、なんとかなりました。

  • 留学の経験を今後はどのように生かしていきたいですか?

    この留学で、たくさんの人に会い、文化を知り、また、新しい自分を発見したりもしました。私は引き続きカナダの大学に進学するので、この留学で学んだ好奇心の大切さ、そして前向きでいること、をしっかり忘れず、さらにいろいろな事を吸収していきたいです。

  • これから高校留学を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

    私は来る前、かなり迷いましたし、とても怖かったです。ですが今、こんなにもこの高校留学が恋しくて、どれだけ大切な時間だったかひしひしと感じています。これがなかったら、今の私はいなかったと思いますし、こうやって次のステップにつながったことが、とにかく嬉しくて、ワクワクしています。なかなか簡単なことではないかもしれません。怖かったり、不安だったり、そんな感情当たり前だと思います。逆に、ワクワクが止まらない、そんな方ももちろんいらっしゃると思います。これから高校留学を考えている方々は、自分の中にあるポジティブな気持ちを少しでも信じてみて下さい。思い切って行動すれば、大抵のことは上手くいきます。これから行かれる方は、是非いい留学生活を送って下さい!

内山佳映さん 女性 私立校オカナガン地区

スクール

私立学校
アバディーン・ホール・プレパラトリー・スクール 卒業

留学についてQ&A

  • 留学前と留学後で、自分自身に何か変化はありましたか?

    1番目に見えて分かる変化は体型ですかね笑 他には、物事に対する物の見方が大きく変わりました。カナダ人の何事にも積極的に物事に取り組んだり、自分から意欲的に行動に移すその姿にとても私自身影響を受け、自分もカナダに留学している限り積極的になるように心がけていました。例えば、日本にいた時から参加してみたかったボランティア活動を現地ではじめてみたり、学校のサッカーチームやバスケットボールチームに所属し積極的に友達づくりに励みました。

  • 留学中、大変だったことは何ですか?

    1番大変だったことは、勉強です。日本にいた時から英語は好きでしたが、得意な訳ではなかったので英語で全科目を勉強するのは大変でした。でも、私は負けず嫌いなので周りのカナダ人に負けてたまるか!という気持ちで必死に勉強しました。 分からないことがあったらすぐ先生に聞きに行ったり、ホストファミリーにも助けてもらった結果、honor rollも取得できてとても嬉しかったです。その時の達成感は今までに感じたことがないくらいなもので自分の自信にもなりました。
    友達作りにも私は悩まされました。日本の一貫校で育ってきた私だったので新しいカナダの学校に行った時にどう友達を作っていけばいいのか分からなくなった時期がありました。なので私はまずホームステイ先の家族と沢山コミニケーションをとって英語力を上げるという目標を立てました。家に帰って部屋にこもるのではなくて、宿題をリビングでしたり、夕食後は一緒にTVをみたり、週末は一緒に出かけたりして寝る時以外はなるべく家族と同じスペースにいるよう心がけました。その結果英語力も伸び、学校でもカナダ人と共感できる話の話題ができるなど友達が作ることができました。恥ずかしがらずに自分から行動に移すことが本当に大切です!

  • 留学の経験を今後はどのように生かしていきたいですか?

    私はカナダではじめたボランティア活動をきっかけに今は国際協力に興味を持つようになりました。今後は途上国に足を運んでもっと幅広いボランティア活動をしていきたいと思っています。国際協力を行う上で基盤となる異文化理解は、カナダで何度も行ってきたことです。自分と違う背景をもつカナダ人や留学生と多く関わってきた自分だからこそ、途上国に行った際も現地人と英語で相互理解や共感を作り出せるとできると思います。また、海外生活を体験して初めてわかった日本の文化の素晴らしさやおもてなしの心を大切にし、今後も多くの外国の方々とコミニケーションをとって日本の良さを日本人として英語で伝えていきたいと思っています。

  • これから高校留学を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

    もし少しでも留学に興味があるならまずは留学する目的を考えることが私は大切だと思います。目的を持って現地に行くことで時間を有効に使うこともでき、目的が明確であることから辛い時でも頑張ろう!といったモチベーションにもなります。私はどちらかというと自分にこれといった特技や夢がなく現地に飛び込んだので、今こうやって振り返ると3年間は本当にあっという間でもし自分がもっと明確な目的を持っていたらより充実した留学生活が送れたと思います。何事にも小さな目標を立て、自分で行動におこす!その姿勢がとても大切だと思います。留学は辛いことも沢山ありますが、それ以上に楽しいことが沢山あります!世界各地に一生ものの友達が作れたことが私の1番の宝です。留学は自分の人生を大きく変え、視野も広がり、考え方も大きく変えてくれました。卒業までこれたのも両親のサポートと現地スタッフさんの支えがあったからです。心配事や不安なことが留学前では沢山あると思います。私も沢山ありました。着いて次の日にホームシックにもなりました。でも時間が経つと慣れるものです。いつの間にか笑顔で元気に過ごしてる自分に気づきます!また、現地のスタッフさんが本当に優しく対応してくれます!留学を考えてる皆さん、まずは目的を明確にし、現地に行ったら限られた時間を思いっきり楽しんで一生ものの思い出を作ってください!応援してます!

田中翔太さん 男性 私立校ビクトリア地区

スクール

ビクトリア私立高校
セントアンドリュース・リージョナルスクール 卒業

留学についてQ&A

  • 留学前と留学後で、自分自身に何か変化はありましたか?

    約5年間の留学を経て、自他共に人格が一番の変化だと思います。昔から日本では社交的な方かと思い留学をしましたが、カナダに来るや否やシャイな男の子というイメージが定着してしまう程に皆フレンドリーで、個人の主張が激しく、皆がその一人一人のアイデンティティを尊重し合っているのをみて、自分自身の主張をしているうちにカナダでもシャイではない様になれました。そして、親元を離れることで学べる両親や仲間への感謝やありがたみも留学をしたからこそわかる財産だと思います。

  • 留学中、大変だったことは何ですか?

    勿論、言語の壁による障害は多く生じました。しかし友達を作ることや、人とのコミュニケーションは決してその言語を話せなくてもできると感じました。逆に大変だったことは留学をはじめたての時に授業についていくことでした。努力してもついていけないという事に挫折を覚えましたが、自分で覚悟を決めてきたので、やり通そうと思い、乗り越えることができました。

  • 留学の経験を今後はどのように生かしていきたいですか?

    上記にある通り、”社交的な性格”というのは立派なビジネスツールになると思います。留学を通して言語の壁がある人とのコミュニケーションの取り方や、色々な人の意見やアイデンティティを尊重することで、物事を1つの見方ではなく、色々な方向からみれると思います。将来は培った英語力は勿論、他に学んだことを活用して会社経営をしたいと考えています。

  • これから高校留学を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

    高校生の時に親元を離れ、異国の文化や言語を受け入れることは決して楽な事ではありませんが、日本にいては経験できない様な素晴らしい財産になりうる事が沢山あります。それと同時に辛いことも沢山あるかもしれませんが、しっかりと覚悟を決めていれば乗り越えられると思いますので頑張ってください!

野原はるなさん 女性 公立校ビクトリア地区

スクール

サーニッチ教育学区(公立高校)
パークランド・セカンダリースクール 卒業

留学についてQ&A

  • 留学前と留学後で、自分自身に何か変化はありましたか?

    留学前と後で自分自身とても変わったと思います。まず自分の言いたいことは言わないと伝わらないと感じることがとても多かったため、自分の意見をはっきり言えるようになったこと、そして、もちろんサポートはたくさんありますが、1人で対応しなければならない状況に置かれることも多かったため、自分の行動に責任が持てるようになったことで、自立できたことです。また様々な国の人々に出会って、世界にはいろんな人がいるな~と国民性や文化の違いを学んだことで、細かいことを気にして小さくまとまっている自分がいやになり、留学前よりはだいぶ寛大になって、良くも悪くもいろいろと気にならなくなりました。

  • 留学中、大変だったことは何ですか?

    現地の学生がたった10分でできてしまう課題が何時間もかかったり、学校で勉強に追いつくのは大変でした。

  • 留学の経験を今後はどのように生かしていきたいですか?

    英語で意思疎通ができるということは活躍の場を広げる大きなスキルだと思うので、今は漠然とですが、英語を一つのツールとして日本にとどまらず、世界が見える、国際的なことができたらなと思っています。

  • これから高校留学を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

    留学できるチャンスがあるならば、率先してそのチャンスを利用するべきだと思います。日本では体験できないことがたくさん待っていて、その経験をすることは大きな財産になります!英語力や不安に思うこともあると思いますが、周りに助けてくれる人は必ずいるということと、語学力を含む自分自身、成長できるチャンスなので自信を持って楽しんでほしいと思います!

まずはここからスタート! 留学ガイド

ページTOPへ