ページのTOPへ

viec本サイトへ

ページのTOPへ

viec本サイトへ

株式会社ヴィエックインターナショナル

カナダ発!viecスタッフブログ

カナダ発!viecスタッフブログ

VIECは2000年の創立以来、のべ10,000人を超える留学生のサポートを行って参りました。小学生からシニアまで幅広い年齢層のニーズにあわせた留学プランをご提案致します。

イベントバナー

ビクトリア出身の女流画家・エミリー・カー(Emily Carr)

2019年03月02日(土)

テーマ: ビクトリア観光

あっという間に3月です。まだまだ寒いものの、お日様が出ると春を感じられます。

3月2日は、カナダの偉大なアーティスト、エミリー・カーの命日です。

エミリー・カーEmily Carr1871年12月13日1945年3月2日

カナダを代表する女流作家でBC州の原生林やトーテムポールを好んで描きました。ジェームスベイにある彼女の生家は、イギリスから移住してきた両親の計らいによって家全体が英国調になっています。5月-9月の期間限定で一般公開しており、寝室、ダイニング、アトリエもほぼ当時の状態が再現されています。

彼女が現代の人々から賞賛を受ける理由には、彼女が時代に対して先進的な人物であったことが挙げられます。それは絵のスタイルに限ったことではなく、まだ女性の社会的地位が低かった頃から活躍した女流画家であり、ファーストネーション保護に焦点が当てられていなかった時代から、祖先の文化が時代と共に消えてしまうのを憂えて美しい絵で後世に残そうとした人物です。実は、彼女の才能が人々の目に留まり始めたのは晩年で、それまで彼女の先進的な絵のスタイルは当時の人々に受け入れられなかったといいます。いまのビクトリアが若者アーティストの支援に活発なのも、そういった背景があって、優秀なアーティストの芽が埋もれないようにしているのかもしれません。

(エンプレスホテル横のエミリーカーのブロンズ像。肩に乗っているのは生前彼女の話し相手だったニホンザルの「Woo」

***エミリー・カーの作品が展示されている施設

  • Art Gallery of Greater Victoria

   営業時間:10:00-17:00  火、水、金、土曜日10:00-21:00木曜日(月曜休館日)

   入場料:大人$13、シニア・学生$11、ユース(6-17)$2.50

   *1/19~10/27’19はEmily Carr and Some Canadian Modernists「エミリー・カーとカナダ近代美術家」の期間展示を開催中

  • Royal BC Museum

   営業時間:10:00-17:00  (クリスマスと新年以外は毎日営業)

   入場料:大人$17、シニア・学生$11、ユース(6-18)$11

  • Emily Carr House (エミリー・カーの生家)

   営業時間:11:00-16:00  火曜~土曜日(5月9月の期間中のみ)

   入場料:大人$6.75、シニア・学生$5.75、ユース(6-18)$4.50

 

それぞれの施設は1日かければ歩いてまわれる距離です。

春の暖かな日差しの中、故人を偲んでお散歩もいいかもしれませんね!

IM

< 前の記事へ

次の記事へ >

イベントバナー

ビクトリア出身の女流画家・エミリー・カー(Emily Carr)

2019年03月02日(土)

テーマ: ビクトリア観光

あっという間に3月です。まだまだ寒いものの、お日様が出ると春を感じられます。

3月2日は、カナダの偉大なアーティスト、エミリー・カーの命日です。

エミリー・カーEmily Carr1871年12月13日1945年3月2日

カナダを代表する女流作家でBC州の原生林やトーテムポールを好んで描きました。ジェームスベイにある彼女の生家は、イギリスから移住してきた両親の計らいによって家全体が英国調になっています。5月-9月の期間限定で一般公開しており、寝室、ダイニング、アトリエもほぼ当時の状態が再現されています。

彼女が現代の人々から賞賛を受ける理由には、彼女が時代に対して先進的な人物であったことが挙げられます。それは絵のスタイルに限ったことではなく、まだ女性の社会的地位が低かった頃から活躍した女流画家であり、ファーストネーション保護に焦点が当てられていなかった時代から、祖先の文化が時代と共に消えてしまうのを憂えて美しい絵で後世に残そうとした人物です。実は、彼女の才能が人々の目に留まり始めたのは晩年で、それまで彼女の先進的な絵のスタイルは当時の人々に受け入れられなかったといいます。いまのビクトリアが若者アーティストの支援に活発なのも、そういった背景があって、優秀なアーティストの芽が埋もれないようにしているのかもしれません。

(エンプレスホテル横のエミリーカーのブロンズ像。肩に乗っているのは生前彼女の話し相手だったニホンザルの「Woo」

***エミリー・カーの作品が展示されている施設

  • Art Gallery of Greater Victoria

   営業時間:10:00-17:00  火、水、金、土曜日10:00-21:00木曜日(月曜休館日)

   入場料:大人$13、シニア・学生$11、ユース(6-17)$2.50

   *1/19~10/27’19はEmily Carr and Some Canadian Modernists「エミリー・カーとカナダ近代美術家」の期間展示を開催中

  • Royal BC Museum

   営業時間:10:00-17:00  (クリスマスと新年以外は毎日営業)

   入場料:大人$17、シニア・学生$11、ユース(6-18)$11

  • Emily Carr House (エミリー・カーの生家)

   営業時間:11:00-16:00  火曜~土曜日(5月9月の期間中のみ)

   入場料:大人$6.75、シニア・学生$5.75、ユース(6-18)$4.50

 

それぞれの施設は1日かければ歩いてまわれる距離です。

春の暖かな日差しの中、故人を偲んでお散歩もいいかもしれませんね!

IM

< 前の記事へ

次の記事へ >

Comments

  1. 匿名 より:

    良いお話ですね。

コメント投稿

コメント内容と名前(表示名)を記入してください。メールアドレスは任意です。

内容をご確認の上、送信してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)