海外留学をトータルサポート ヴィエックインターナショナル 荻窪徒歩4分

まずはお気軽にお電話ください 03-5347-2288 受付時間 月~金 9:30~18:00 土曜 9:30~13:00

カナダ高校留学 先輩方のカナダ留学生活 Study abroad in Canada

大森花奈さん 女性 G11 卒業目的公立校オカナガン地区

スクール

セントラルオカナガン教育学区(公立高校)
ラットランド・セカンダリー・スクール

学年

グレード11

花奈さんは現在、ラットランド・セカンダリー・スクールでで卒業に向けて学校生活を送っています。

イベント

1年を通じてのイベントです

  • 3月

    いよいよ出発目前、渡航準備に余念がありません。

  • 4月

    新生活スタート!

  • 4月

    語学学校の高校入学準備コースに入りました。

  • 5月

    ボランティア活動に参加しました。

  • 6月

    語学学校の成績表が発表されました。

  • 7月

    クラスのレベルが上がりました。

  • 8月

    語学学校を卒業しました。

  • 8月

    高校のある地域にお引越しです。

  • 9月

    いよいよ高校へ入学です。

  • 10月

    バスケットボールチームに入りました。

  • 10月

    VIEC留学生の会に参加しました。

  • 11月

    ターム1の成績が発表になりました。

  • 12月

    クリスマスの季節です。

  • 1月

    前期の成績表が発表されました。

  • 2月

    後期、セメスター2が始まりました。

  • 2月

    映画製作の授業を履修しています。

留学1問1答

  • 高校留学を考えたきっかけは何でしたか?

    小学校の時から英語に触れる機会が多く、その時から留学に興味があったからです。

  • 高校生活で楽しいこと、苦労していることはなんですか?

    日本の学校とはまた違う雰囲気と、現地の生徒たちや様々な国からの生徒たちと関わることのできる環境がとにかく楽しいです。 一方で、授業になると自分の意見を多々求められることがあり、内容も簡単なものではないので苦労しています。

  • ホームステイ先での生活はどうですか?

    ホストのお母さんのごはんがとてもおいしく、中国人のホストシスターもいたことから食卓で話す話題もグローバルで楽しかったです。

  • 住んでいる街の好きなところはどこですか?

    自然が本当に豊かですごく住みやすいです。 冬はとても寒くなりますが、その分日本ではあまりすることのなかったスキーやスケートに行く事ができて楽しいです。

  • これから高校留学を考えている皆さんへメッセージをお願いします

    少しでも留学に興味があるならする価値はあると思います。自分の求める英語のレベルにもよりますが、短期であっても日常会話が英語の環境にあるのはとてもいい経験になります。現地に行って感じるのは、自分がリアルな英語を学べているなということです。日本で学んできた英語と現地で使われている英語のニュアンスの違いに気づく場面が多く、やはりネイティブと話す中で学ぶことはたくさんあります。感性や文化の違いがある中で苦労することはありますが、それ以上の満足感や達成感、これからの自分の糧になるすてきな時間が過ごせるはずです!

保護者様のコメント

保護者様のコメント

幼稚園に通っていた頃から英会話スクールに通い始め、小学校低学年の頃にはいつか海外で勉強がしたいと言っていた娘でした。 中学生になり中高一貫校だったこともあり、中学から夏休みなどの短期留学、高校でも短期、長期留学に関する様々なプログラムの情報が定期的にあり、海外に目を向ける機会の多い環境でした。 留学するにあたり、エージェント会社をいくつか調べました。VIECにサポートをお願いすることにしたのは、現地オフィスがあり、サポートしてくださるスタッフの方が現地にいらっしゃることが大きなポイントでした。 何かあった時にすぐに現地で対応して頂けることはとても重要視していたことなので決め手になりました。 楽しく留学生活を送っている娘ですが、時に悩みや決断を迷うことがあり、そのような時にも現地スタッフの方が直接娘と会って話しを聞いて下さり、私達親の意見も踏まえて相談に乗ってくださっています。 離れて暮らしていて心配は尽きませんが、VIECのスタッフの皆さんのおかげで安心できています。 今、娘は夏休みで2ヶ月間一時帰国しており、友達と出掛けたり楽しそうに過ごしていますが、1ヶ月を過ぎた頃からもうカナダに戻りたいとも言っています。 寂しくもありますが、カナダで充実した生活を送れている証拠と思い、また笑顔で見送り日本から見守りたいと思います。

まずはここからスタート! 留学ガイド

ページTOPへ